FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百人一首ニュース 海老蔵と"百人一首いじり"と酔っ払い

ごぞんじのとおり昨28日(火)夕には、海老蔵の泥酔でのあの事件の記者会見がありました。


市川海老蔵、元暴走族リーダーらと示談成立


市川海老蔵さん:示談成立「酒癖の悪さに要因」


今はお酒考えられない


この事件は、実はこのブログと ふかーーーーーーい 関係があるんです。

このブログはご覧のように、地紋に市川海老蔵の家のかまわぬ文様を使っています。
かまわぬ
↑ これですね。

なぜこの文様を使っているかということをこの機会に書きます。と、海老蔵って名前は百人一首を素人が勝手にいじくって遊ぶ元祖でもあるんです。

これ ↓ また超有名な写楽の蝦蔵。  誰もが知っているこのお方
蝦蔵

この蝦蔵が五代目団十郎になります。彼は実は面白本の作家でもあります。演劇のプロですが、日本の古典に関して学者でもなんでもない彼が百人一首をいじり倒した「絵本 小倉百句」と言う百人一首の二次創作をヒットさせました。


跡見学園女子大学「百人一首コレクション」に、「絵本 小倉百句」が全ページアップロードされています。

すごいですよ。百人一首の作者100人になりかわって蝦蔵=五代目団十郎が1句、五七五をひねった二次創作。これに葛飾北斎の絵が付いています。


跡見学園女子大学「百人一首コレクション」」であとでじっくり見てください。

ちょっと

36番の清原深養父
「夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづくに月宿るらむ」

の部分だけ転載します。

と、
夏の夜は

読みやすい字なので読めてしまったかも知れませんが、一応、五七五テキストにしますね。

夏の夜はまだ酔ながら向ひ酒
(夏の夜はまだ酔いながら向かい酒)

です。

海老蔵と泥酔との深ぁぁぁぁい関係は昨日今日のものではありません。江戸時代からのものなんです。

ということで、この百人一首のブログも雰囲気に乗っかって思い切り酔っ払いつつ更新・・・・っと

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

花院堂ぶぶ

Author:花院堂ぶぶ
百人一首構造研の代表をしています。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。