FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百人一首ニュース 明後日25日は全国的に百人一首24番歌人菅家(=菅原道真)をおまつりする初天神です

「初天神うそかえ祭」(25日)で使われるうそ鳥(=ウソ)の人形の製作が行われた

京都・北野天満宮では、毎年1月25日の初天神

散歩道:「天神さん」の紅梅開花--取手 /茨城

横浜三溪園で「新春 盆栽展」-合格を祈願する「初天神」も

取手・井野天満神社・・・今月25日の初天神には、参道の紅白の梅が咲きそろいそうだ。

25日の初天神

・・・・・・などなど

"25"は、天神様(=菅原道真、菅家、雷、天満宮)のナンバー。菅原道真は誕生日、命日、大宰府左遷の日、これらすべて25日です。

ごぞんでしたか?
もっとも古い百人一首(1445年筆)では、24菅家「このたびは幣もとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに」の次の25番のスペースが巨大な空白になっています。
1
2
3
4
5
これが ↑ 24菅家「このたびはぬさもとりあへず手向山もみぢのにしき神のまに/\」
6
25番の歌があるべき場所は巨大なる空白 ↑ ↑ ↑
7
次のページに押し出された三条右大臣の「名にしおはばあふさか山のさねかづら人に知られでくるよしもがな」の”くる”は、標準語の”行く”の意味。菅原道真が左遷された大宰府あたりの方言です(というか、九州方言としてのみこの使い方が残りました)。

単なる偶然? いや偶然じゃないかも。何かを伝えようとしているのかも・・・・考えてみよう・・というのが当、百人一首構造研です。

↓ ↓ この本からの転載です。 ぜひご自身の目で確認を!!!
百人一首―宮内庁書陵部蔵 (笠間文庫―影印シリーズ)百人一首―宮内庁書陵部蔵 (笠間文庫―影印シリーズ)
(2005/04)
樋口 芳麻呂

商品詳細を見る


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

花院堂ぶぶ

Author:花院堂ぶぶ
百人一首構造研の代表をしています。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。